2015年

3月

22日

沢雷随(たくらいずい)

今日は沢雷随(たくらいずい)です

 

「隨は、元いに亨る貞に利し。

咎なし」

 

随は大いに通じます。

貞正でいたら利益があります。

災いはありません。


随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8水地比、13天火同人、17沢雷随の3卦)

 

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の初爻 

変化の時で、引きこもっている場合ではありません。積極的に外へ交際の幅を今よりも広げてみましょう。その場の状況に臨機応変に対応し、ラッキーをつかんでいきましょう。人や物が集まる場所にラッキーが。 

 

「官渝(かんかわ)ること有り。

貞なれば、吉。

門を出でて交われば、功有り。」

  

転勤・転職など、官職が変わったが、

正しくしていれば吉。

外へ出て、広くおつきあいを持てば

成功します。


変化の時で引きこもっている場合ではありません。

臨機応変に対応し、自分で運をつかんでいく時です。

積極的に外へ出て、

交際の幅を今よりも広げてみましょう。

 

之卦 45 沢地萃(たくちすい)

 

人も物も集まる「たくちすい」です。

人や物が集まる場所にラッキーが。

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の2爻 

流れや人に臨機応変したがい、ついていくことで運が開けます。ただ今日は目先のことに惹かれがち。遊びや安易なこと、うまい話しに流されないように。したがうものを間違えないようにしてください。

 

「小子に係(かかわ)れば、丈夫を失う」

 

つまらない人と親しんでいると立派な人が遠ざかってしまいます。

朱に交われば赤くなります。


目の前の小利に惹かれやすいですが、

今日は小利をとると本分を失うことになりますので

大事なものを見失わないようにしてください。

  

之卦 58 だいたく

 

楽しいけど深みにかける「だいたく」です。

目先の楽しさに惑わされがちです。

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の3爻 

大きな理想に向かって行動するためには、人の目や誘惑、雑念や障害物など小さなことを切り捨てていかねばなりません。目標設定と優先順位を見直して、行動方針をはっきりさせてみてください。

 

「丈夫に係れば小子を失う。

隨いて求むるあれば得。

貞に居るに利し」

 

立派な人と親しんでいるとつまらない人が遠ざかります。

立派な人に従っていれば希望が叶います。

私情を捨てて正しい道を守ることです。

従うことが吉となります。


理想を高く持って、行動する時、

どうでもいいこと、小さいことを切り捨てていく必要があります。

優先順位の順に、とりかかる必要があるのです。

 

うわさ話や雑念、誘惑や障害物などがんがんすっ飛ばして、

大きな志に従っていくことです。

  

之卦 49 たくかかく 

 

ガラッと変える「たくかかく」です。

心機一転、仕切り直して目標設定をし直してみるのもいいね。

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の4爻

人も物も集まりますが、注意が必要です。立場の上の人とつきあい、自分もえらくなったように錯覚しやすいのです。嫉妬や公私混同による失敗がおきやすくなります。脇役として本来の道を進むことです。 

  

「隨いて獲(う)ることあり。

貞しけれども凶。

孚有り道ありて以て明らかなれば何ぞ咎あらん」

 

上司に近づいて欲しいままにできます。

その行為は正しいと思うと災いを受けることになります。

謙虚さを持って道を守る賢明さがあれば災いを受けることはありません。


人も物も集まってきますが、注意が必要。

地位が上がり、自分より立場の上の人とつきあい、

自分も大きくなったように錯覚しやすいです。

そうなると嫉妬による妨害や自分の慢心から

公私混同による失敗などがおこりやすくなります。

脇役としてまじめ一筋に進みましょう。

 

之卦 3すいらいちゅん

 

産みの苦しみ、悩みの卦です。

悩みを抱えやすいですが、したがうべきことにしたがうこと。

本来の道を選ぶことです。

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の5爻 

今まであなたは仲間と助け合い、信頼関係を育ててきました。力を合わせてよい結果を得られます。今までの成果が得られる大吉です。なお、今日は驚くことがあっても実害はないので慌てずに。

 

「嘉(よき)に孚(まこと)あり 

吉なり」


信頼し合うこと、助け合うことができたら

そりゃ、吉です。

仲間を助け、助けられて

信頼関係を育てて心からのしあわせを感じられる時です。

  

之卦 51 しんいらい

 

雷が鳴る「しんいらい」です。

びっくりすることがあるかもしれませんが、

慌てないで、大丈夫。

実害はありません。

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の上爻 

人間関係で窮屈さを感じますが、視点を変えてみてください。敵対する人もあなたを作る大事な要素です。執着や偏見を手放して見てください。今日は、神々など目に見えないものをまつるのに好機です。

 

「これを拘係(こうけい)す。

乃(すなわ)ち従いてこれを維(つな)ぐ。

王用いて西山に享す」

 

賢人を引き寄せてつなぎとめようとしています。

その上、さらにつなぎとめ固く結ばれています。

この約束のように、見えないものへの誠意を示すため

中国の西山で神々やご先祖をまつる祭祀を行いました。

 

今日はしがらみを感じるかもしれませんが、

今あるしあわせは、

まわりの人や見えないもののサポートのおかげだと

自覚してみてください。

 

一見、敵対するような人やネガティブな出来事も

あなたにとってなくてはならない存在です。

偏見や執着を手放して、ものごとを公平に見てみましょう。

人間関係のわずらわしさなど、ちっぽけなものと

おおらかにみることができるようになるかもしれません。


今日は神々や自然、ご先祖様に心を寄せるのに好機です。

目に見えないものを感じてみましょう。

  

之卦 25 てんらいむぼう

 

なりゆきまかせの「てんらいむぼう」です。

リラックスして自然に任せましょう。


 

昨日は家族で故郷(と言っても今の住まいの隣の市)の

里山にある遊園地に遊びに行きました。


この里山の近くには最近発見された縄文時代の集落の遺跡があって、

おそらく私の祖先は集落辺りで生活していたのだろうなと思います。


何代目か前はその下宅部遺跡の近辺の地主でした。

それ以上の根拠はないのですが、

縄文時代からの流れでそこに住んでいたのではないかなと

思っているのです。


お彼岸に先祖からのご縁のある場所に来ている不思議。

無意識に選んでいました。

観覧車からお空にいる祖先に感謝の気持ちを送りました。


アップダウンの激しい山道を利用した遊園地を1日散策して、

お弁当を食べて、たくさん話し、私達親子もますます仲良しです。

たくさんの先祖のお陰で今の私達が存在します。

ありがたいことです。

お彼岸には、そんなことを考えます。


今日はこの辺で!

ありがとうございます。

2015年

2月

20日

沢雷随(たくらいずい)の1爻

おはようございます!

易うらくらぶ管理人かおるです。

 

今日はたくらいずい。

以前出たことがあるので前半はコピペです。

 

随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8すいちひ、13てんかどうじん、17たくらいずいの3卦)

 

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の1爻 

 

「官渝(かんかわ)ること有り。

貞なれば、吉。

門を出でて交われば、功有り。」

  

転勤・転職など、官職が変わったが、

正しくしていれば吉。

外へ出て、広くおつきあいを持てば

成功します。

変化の時で引きこもっている場合ではありません。

臨機応変に対応し、自分で運をつかんでいく時です。

積極的に外へ出て、

交際の幅を今よりも広げてみましょう。


之卦 45 沢地萃(たくちすい)

 

人も物も集まる「たくちすい」です。

人や物が集まる場所にラッキーが。


 

色々やりたいことがあるのにはかどらずイライラ…。

思うように動かない自分の頭やからだにムチをあて

無理矢理に働かせたくなりましたが、

一段落ついたところで無理せず昼寝。

少し寝たらポジティブな考えができるようになってきました。


夕飯はちょっと手間のかかるポテトサラダとハンバーグ。

具沢山の味噌汁と玄米で家族も大満足でした。


イライラしたら寝る!

贅沢だけど成功例です。


昨日は、「山水蒙(さんすいもう)の6爻」(短気は損気。無知な人を指導するつもりが、思い上がって相手から恨まれます。傲慢な態度に注意。相手を不正から守るために力を使うことはよいことです。慎重な言動を心がけましょう。カッとなったら深呼吸。)でした。


<読者の皆さんへ>


読者さんのための日めくり易占い、毎朝更新してきましたが、

当初の目標の8✕8✕6=384爻を説明し尽くすことが、

今日で達成されました。

途中、同じ爻を書いてしまった日も数日あったので、

合計で400日位かな。


おーーー、休みなく毎日書いた~!!

達成感!!


ながながとおつきあいくださっている読者さんには感謝感謝でございます。;;

カウンターも気づくと9000近くまできています。

すげー。


明日は、今日のふりかえり日記を書こうと思いますが、

占いの方はどうしようか…。

まだ決めてません。(優柔不断な…)

出たとこ勝負でよろしくお願いします。


今日の沢雷随の1爻はそんな私にピッタリ。

今日はアクティブに過ごして

臨機応変に明日以降のことを決めていきたいと思います。

  

今日はこの辺で!

ありがとうございます。

また明日♪

2014年

11月

09日

沢雷随(たくらいずい)の3爻 

おはようございます!

易うらくらぶ管理人かおるです。

 

今日はたくらいずい。

以前出たことがあるので前半はコピペです。

 

随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8すいちひ、13てんかどうじん、17たくらいずいの3卦)

 

 

爻辞 17 沢雷随(たくらいずい)の3爻 

 

理想を高く持って、行動する時、

どうしても、

どうでもいいこと、小さいことを切り捨てていく必要があります。


優先順位の順に、とりかかる必要があるのですね。


うわさ話や雑念、誘惑や障害物などがんがんすっ飛ばして、

大きな志に従っていくことです。

  

之卦 49 たくかかく 

 

ガラッと変える「たくかかく」です。

心機一転、仕切り直して目標設定をし直してみるのもいいね。


 

外出や体調不良のために

せんたくものを代表とした生活のサイクルが乱れていましたが、

昨日の午後に山になっていた家事を調子よく片づけて

気持ちよく暮らせる基本の地点まで戻すことができました。


昨日は、

前半はごっちゃごちゃだった家が、後半ピッカピカに。


部屋がきれいになって気分が良かったのか上の子どもが夕飯を作ってくれて。

私が口出ししながら進めた夕飯作りも楽しく、

出来上がったドライカレーがメチャウマで家族で盛り上がりました。

 

昨日は、「てんちひの6爻」(今までの八方ふさがりが、後半に一気に開けていく日です。物や人が集まってにぎやかに楽しめるようになります。)でした。


今日はこの辺で!

ありがとうございます。

また明日♪

2014年

10月

18日

沢雷随(たくらいずい)の5爻

おはようございます!

易うらくらぶ管理人かおるです。

 

今日はたくらいずい。

以前出たことがあるので前半はコピペです。

 

随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8すいちひ、13てんかどうじん、17たくらいずいの3卦)

 

 

爻 辞 17 沢雷随(たくらいずい)の5爻 

 

嘉(よき)に孚(まこと)あり 吉なり


信頼し合うこと、助け合うことができたら

そりゃ、吉です。

仲間を助け、助けられて

信頼関係を育てて心からのしあわせを感じられる時です。

  

之卦 51 しんいらい


雷が鳴る「しんいらい」です。

びっくりすることがあるかもしれませんが、

慌てないで、大丈夫。

実害はありません。

 

 

友だちの引っ越しにあたり、

今までの住まいにお別れをする会(ありがとう会)にお呼ばれしてきました。


その友だちが愛情かけて手入れをしていて

そこかしこに工夫と美しさがあって本当に素敵なおうちなのです。

取り壊されてしまうのが悲しい…。


10年くらい前に引っ越ししてきたときから

その家が変化していくのを見てきました。

もう一度書きますが、本当に素敵なおうちなので、

彼女の家に行くと、帰宅してから自分の暮らし方を変えたくなります。

それで、改善されていった我が家。

多大な影響を受けていたなあとしみじみ思いました。


また明るいうちに遊びに行って写真撮ったりしたいなーと思いました。


昨日は、「すいらいちゅんの1爻」(まだ時期じゃないので岩のように動かず準備する)でした。

 

今日はこの辺で!

ありがとうございます。

また明日♪

2014年

10月

14日

沢雷随(たくらいずい)の6爻

おはようございます!

易うらくらぶ管理人かおるです。

 

今日はたくらいずい。

以前出たことがあるので前半はコピペです。

 

随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8すいちひ、13てんかどうじん、17たくらいずいの3卦)

 

 

爻 辞 17 沢雷随(たくらいずい)の6爻 

 

見えないものへの誠意を示すため

中国の西山で神々やご先祖をまつる祭祀を行いました。


今日はしがらみを感じるかもしれませんが、

今あるしあわせは、

まわりの人や見えないもののサポートのおかげだと

自覚してみてください。


一見、敵対するような人やネガティブな出来事も

あなたにとってなくてはならない存在です。

偏見や執着を手放して、ものごとを公平に見てみましょう。

人間関係のわずらわしさなど、ちっぽけなものと

おおらかにみることができるようになるかもしれません。


今日は神々や自然、ご先祖様に心を寄せるのに好機です。

目に見えないものを感じてみましょう。

  

之卦 25 てんらいむぼう


なりゆきまかせの「てんらいむぼう」です。

リラックスして自然に任せましょう。

 

 

朝から、大雨が降ると勝手に思っていたので

「今日は子どもの習い事当番なし!」と

決めつけていましたが、

小雨の中でもやりました。

元気な子たち…


勝手ですが、「私の3時間半が~(当番で失われる~)」と思ってしまいました;;

寒かったし…

 

そんなリスクも恐れずに

子どもの習い事につきあうと決めた私はえらい!!

えらいえらいと自分をほめながら帰宅後すぐに

湯船に浸りました。

凍えて、指先とかしびれっぱなしの3時間半でしたから、

ほぐれるにも時間がかかりましたよ。

 

それから、回復し、

午後は溜めていた書類やメール返事を端から片づけていきました。

淡々、淡々です。

 

家事も淡々と。

仕事も淡々と。

私事も淡々と。

 

どの作業もリスクはつきもの。

時間がかかるとか、ストレスがかかるとか、失敗するかもしれないとか。

作業をする!と動き出した時、

リスクを引き受けたわけです。

 

すごいことだなー。

淡々だけど…、淡々だから・・・(!)、「淡々」の威力を感じました。

淡々と、ひとつずつ片づけると

山になっていた気がかりなことが減って、

達成感が着々積み上がっていきます。

こ…、これだっ!!

 

昨日は、「かざんりょの5爻」(一本矢を失いましたが、雉を射落としました。リスクを恐れずチャレンジすることで、素晴らしい結果を手にすることができます。)でした。 

 

今日はこの辺で!

ありがとうございます。

また明日♪

2014年

4月

26日

沢雷随(たくらいずい)の2爻

おはようございます!

易うらくらぶ管理人かおるです。

 

今日はたくらいずい。

以前出たことがあるので前半はコピペです。

 

随(ずい)は、したがうこと。

上卦が沢(たく)で「喜ぶ」、下卦が雷(らい)で「活発に行動する」の意味。

つまり自分から積極的に楽しんでしたがうので、

したがうと言ってもコントロールされたり

といった類ではありません。

 

新井白蛾は、「我動きて、彼よろこぶの意」と説明しています。

(新井白蛾は、江戸時代の儒学者で易の大家です。)

 

爻 によっては、

どうでもよいことや悪い誘いにしたがって、

大事なものを見失ってしまう場合もありますが、

おおむね臨機応変に人と関わることができて

交際運がいいのがこの卦です。

 

人と関わることを意味している卦(交際の卦)は

他にもいくつかあるので、覚書記事に書いてます。

(8すいちひ、13てんかどうじん、17たくらいずいの3卦)

 

 

爻 辞 17 沢雷随(たくらいずい)の2爻 

 

目の前の小利に惹かれやすいですが、

今日は小利をとると本分を失うことになりますので

大事なものを見失わないようにしてください。

  

之卦 58 だいたく

 

楽しいけど深みにかける「だいたく」です。

目先の楽しさに惑わされがちです。

 

 

昨日は家の掃除をし、

使っていないモノを手放す決断をしました。

いくつかは捨て、いくつかはリサイクルボックスへ。

洗濯を3回していつも以上に掃除機をかけて…

私の昨日のたくかかくは家の大掃除でした。

 

 

今日はこの辺で!

また明日♪