山地剥(さんちはく)

今日は山地剥(さんちはく)です。

 

「剝は往くところに利あらず」


上に立つ人が、下の立場の人の勢いに負けてしまう時です。

天の時ではないのでじっと作戦を練りましょう。

誘惑の多い時で、利がありません。


剥は、はがれおちるという意味です。

 

イラストのように、下からずんずんと穴が開いて、

一番上の陽爻がはぎとられてしまおうとしています。


新井白蛾は、「ねずみ、倉をうがつの象」と言い、

「ねずみが米倉を食い尽くすようだ」と言っています。

 

足元が危うので、進んではいけません。

 

12消息卦(12しょうそくか)では、新暦10月の卦です。

 


 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の初爻 

安眠中にベッドの足を切断しようとしている人が現れました。問題を放置していると後で後で大変な目に遭いそうです。今日は小さなことでも放置せず端から対処していきましょう。日々の安心は足元からです。


「牀(しょう)を剝(は)ぐこと足を以てす。

貞を蔑(ほろぼ)せば凶」

 

寝ているベットの足が破壊され始めました。

今動くと足元がぐらついて危険です。

 

小さなことを放置すると後に取り返しのつかないことになります。

気になっていることは芽が小さいうちに端から対処してください。


根拠の無いことを盲信するのはやめましょう。

足元を固め自分の身を守りましょう。

 

之卦 27 さんらいい

 

口の形の「さんらいい」です。

口は災いの元。

言葉は選びましょう。

 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の2爻 

寝ているベットの足の付け根が破壊されました。今動くと危険です。気になっていることを放置せず対処してください。損をしても立場や身の安全が優先です。話の通じない相手からは離れ、身を守ることです。


「牀を剝ぐこと辨(べん)を以てす。

貞を蔑せば凶」


寝ているベットの足の付け根が破壊されました。

今動くと危険です。


気になっていることを放置せず対処してください。

損をしても立場や身の安全が優先です。

正しいことを言っても通じない相手からは離れ、

自分の身を守ることです。

 

之卦 4 さんすいもう

 

見通しの悪い「さんすいもう」です。

知識不足もあるのかもしれません。

 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の3爻

寝ていたベッドは壊されてしまいましたが、正気を取り戻し慌てず本来なすべきことに取り組めたので災いはありません。意思が強く、悪い誘いを断ることができ問題を解決することができるでしょう。 

 

「これを剝(は)ぐ。

咎なし」


ベットは壊されたけれど、それ以上の被害には至りませんでした。

災いはありません。


悪い誘いを断ることができるので問題はありません。

悪友が誘惑してくるが断ることです。

本来やるべきことをやりましょう。

 

之卦 52ごんいざん

 

石頭の頑固者、ごんいざんです。

こうと決めたらテコでも動かない気概で

初心を貫いてください。

 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の4爻 

夜寝ているところが崩れ、危険が迫ってきました。早く安全な場所に移動してください。今日は思うようにいかないことが多いのでおとなしく事態が好転するのを待ちましょう。


 「牀(しょう)を剝(は)ぐ

膚(はだえ)を以てす 凶」


危険がいっぱいです。

夜寝ているベッドが壊れ、不意打ちで身体まで危険な目にあいそうです。

凶です。


危険なことが多く、思うようにならないので、

おとなしく事態が好転するのを待つしかありません。

 

之卦 35 かちしん

 

日の出の勢いの「かちしん」です。

急いで危険から離れ、身の安全を確保しましょう。

 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の5爻 

みんなを取りまとめるリーダーの役目をします。魚のめざしのようにみんなの心をひとつにまとめて行動をしましょう。冷静に落ち着いてみんなに公平になるように対応することです。


「魚を貫き宮人を以て寵せられる。

利し」


魚のめざしのように女官をきちんととりまとめて引き連れて

王様の寵愛を受けるようにすれば願いは叶うでしょう。

魚は衆陰のこと。

 

リーダーシップを発揮して下さい。

下の立場の人を公平に扱わないと不平不満が出ます。

平等に親切に接しましょう。

 

之卦 20ふうちかん

 

冷静によく観察するふうちかんです。

落ち着いて客観的に対応すれば大丈夫です。

 

爻辞 43 山地剥(さんちはく)の上爻 

大きな実が木の上に食べられずにひとつ残っています。困難の中でも知性は残っていました。これからの原動力になっていくはずです。オロオロと取り乱すと凶。冷静に毅然とした態度で臨むこと。


「碩果(せつか)食わず。

君子は輿(よ)を得、

小人は廬(ろ)を剥ぐ。」

 

運の良いことに、大きな実が木の上に

食べられずにひとつ残っています。

困難の中でも自分の知性は残っていました。

これからの原動力になっていくはずです。

賢くやれば、馬車を得ますが、気を抜くと自分の家に住めなくなってしまいます。

 

困難の中でオロオロと取り乱すと凶です。

振り出しに戻ってしまいます。

冷静に毅然とした態度で臨むこと。

かろうじて間に合うので高望みは禁物です。

 

之卦 2 坤為地(こんいち)

 

母なる大地の「こんいち」です。

女性性を活かして取り組むといいでしょう。

油断をすると土に戻ってしまうことも。

 

 

冥王星天王星スクエアから新月、春分の日…と

西洋占星術のイベントが盛り沢山な今日このごろです。


17日の15時、冥王星天王星が90度にピタッと来た時から

2日ほど体調が崩れましたが、その後、調子が良いです。

デトックスして新年を迎えているような感じです。


昨日の春分の日は、太陽がうお座からおひつじ座に移動する日。

西洋占星術では新年のような日です。


この数日、

これからの目標を立てて計画に落としこんでいくのによいです。

私も、今日は午前中の仕事が終わったら、

自分のための時間をまとめてとって

これからのことを集中して考えようと思います。


今日はこの辺で。

ありがとうございます。