火山旅(かざんりょ)の4爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日は、「かざんりょ」です。

以前に出たことがあるので、前半はコピペです。

 

山の上に火(日)のかたち。

イラストのように夕暮れのイメージです。

 

「日、西山にかたむく象」と新井白蛾は言っています。

さみしげですね。

 

また、卦の名前に旅をつかってあるのも、

かざんりょの「りょ」は旅行の「りょ」で、

昔々の旅は、現代とは違って、

宿も少なく、交通手段も乏しく、それは大変でさびしいものでした。

こころぼそい卦です。

 

卦辞

旅は未知の世界に行くのであるから慎重でなければならないのだが、

この卦を得る時は、往々にして調子に乗っていることが多いものです。

自分の行動ふりかえりなさいよと言っています。

 

 

爻 辞 56 火山旅(かざんりょ)の4爻

 

「旅処(ところ)に于(お)いてす。

其の資斧(しふ)を得たり。

我が心快(よか)らず。」

 

旅をして落ち着く場所を得、

お金を得ることもできましたが、

旅先なので心から落ち着くことができません。

心さびしく、満足感が得られないのです。

責任が重く、苦労の多い時期です。

孤独の寂しさを味わいます。

かと言って、出発もできない状況です。

 

表向きは順調ですが、心はなかなか晴れないようです。

不安なのはわかりますが、

まわりに愚痴ったり八つ当たりをすると

不快なことになるのでやめましょう。

不安な気持ちは一時のことと心におさめて、

自分の守備範囲をきちっと守って淡々とこなしていきましょう。

 

之卦 52 艮為山(ごんいざん)

 

山また山の「ごんいざん」です。

問題はいくつもあると思いますが、

あきらめずにどっしり構えて取り組みましょう。

 

 

久しぶりにお灸をして、生姜湯を飲んで早く寝ました。

風邪をひいてしまったようです。

色々頭が働かない割に家族の食事の用意と風邪の手当てだけはできたので

よかった。


せんねん灸太陽 24点入


部屋をあたためて、おこたに入ってちょっとだけ

今までやってきたこととこれからやりたいことを紙に書き出してみました。

答えが出ないことは、易を立てたりして。

これからどう動いたらいいのか方針が立ちました。  


昨日は、「天沢履(てんたくり)の6爻」(今まで実行してきたことをふりかえって吉凶の前兆はなかったか冷静に考察できれば大いに吉で開運招福となります。足あとを観察し、生かすと良いです。経験をいかして過ごすと幸せなことがたくさんあるでしょう。 )でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪