天沢履(てんたくり)の6爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日はてんたくり。

卦辞に「虎の尾をふむ 人を喰らわず とおる」とあります。

虎のしっぽをふむような危険なことをしてしまうけれど、

ぎりぎりセーフで噛まれない。

 

天は偉い人、沢は若い女ですので、

若い女が偉い人に対して失礼なことをしでかしてしまったけれど

許してもらえたという話です。

 

あと、このてんたくりは、

下のイラストをご覧ください。

3爻のところだけ陰爻 になっています。

 

3爻は、卦の中では腰・股の位置。なので、

「女子裸身の卦」と呼ばれています。

色情の卦、とか。

 

男女関係の卦は他にもあるので覚書にまとめておきました。

参考にどうぞ。

 

 

爻 辞 10 天沢履(てんたくり)の6爻

 

「履むことを視て祥(しょう)を考う。

それ旋(めぐ)れば元(おおいに)吉。」

今まで実行してきたことをふりかえって

吉凶の前兆はなかったか冷静に考察できれば

大いに吉で開運招福となります。

足あとを観察し、生かすと良いです。


之卦 58 だいたく


喜び合う「だいたく」です。

今までの経験をいかして過ごすと

幸せなことがたくさんあるでしょう。



 

紙に書いたやりたいこと・気になることが

端から片付いていきます。


昨日はリビングが片付き、広くなりました。

細部まで片付けられたので満足度が高いです。

頭が働いている!


紙に書いて自分と相談しながら方向を決め、

前向きに進めて、結果吉でした。

 

昨日は、「地沢臨(ちたくりん)の1爻」(お互いに感応し、信頼できる人と手を組み、ものごとを前向きに進めることができる時です。好転してきました。前向きに臨みましょう。協力体制のはじまりなので、相談しながら方向を決めましょう。独断はNG。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪