雷地予(らいちよ)の6爻

おはようございます。

管理人のかおるです。

 

今日はらいちよ。

地面の上に雷が鳴り響いています。

新井白蛾は、「雷、地を出て奮うの象」と言い、

楽しそうに動き鳴り響いています。

 

太鼓を打ち鳴らして歌って踊って

お祭りをしているみたいです。

 

「予」はあらかじめの意味。

前もって用意しておいたから喜びがあります。

準備したことが整って新しい希望が湧き、

よろこびがあります。

 

気分的に明るく、景気も良く、

よろこびに溺れやすい一面も。

易経は、調子に乗りすぎないようにと戒めています。

 

 

爻辞 16 雷地予(らいちよ)の6爻


「冥予(めいよ)す。

成れども渝(かわ)ることあれば咎なし。」


歓楽に溺れて目がくらみます。

今ここで心を改めれば問題は小さく済みます。

ものごとがよく見えず判断ミスが増える時です。

気持ちの整理をしてください。

ぬるま湯から上がりましょう。


之卦 35 火地晋(かちしん)


勢いのある「かちしん」です。

歓楽で盛り上がりすぎに注意しましょう。

失敗のもとです。

 


「自分が望んでいるかどうか」を点検するのが大変です。


「○○しなければならない」「○○って約束しちゃったから」

って声が頭にぐるぐるして。


疲れてるなー。

しつこく「自分が望んでいることは?」と聞いていたら、


・予定を全部キャンセルにして寝ていたい。

・バイトは楽しいので行きたいです。


だそうです。

これが本音。

 

昨日は、「雷地予(らいちよ)の1爻」(余裕も力もなく機も熟していないのに、人の目を気にして始めてもうまくいきません。自分が望んでいることか点検してみましょう。お付き合いならやめたほうがいいのです。内面や生活を充実させましょう。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

また明日♪