雷地予(らいちよ)の1爻

おはようございます。

管理人のかおるです。

 

今日はらいちよ。

地面の上に雷が鳴り響いています。

新井白蛾は、「雷、地を出て奮うの象」と言い、

楽しそうに動き鳴り響いています。

 

太鼓を打ち鳴らして歌って踊って

お祭りをしているみたいです。

 

「予」はあらかじめの意味。

前もって用意しておいたから喜びがあります。

準備したことが整って新しい希望が湧き、

よろこびがあります。

 

気分的に明るく、景気も良く、

よろこびに溺れやすい一面も。

易経は、調子に乗りすぎないようにと戒めています。

 

 

爻辞 16 雷地予(らいちよ)の1爻


「鳴予(めいよ)す、凶なり」


自分に余裕も力もない、機も熟していないのに、

人の目を気にして何かを始めてもうまくいきません。


今楽しんでいることも、

本当に自分が望んでいることなのか、

静かに心に聞いてみたほうがいいでしょう。


悪乗りしやすい時ですので、

乗り気じゃないのにお付き合いでやっていることならば、

やめたほうがいいのです。


今日は内面や基本的な生活を充実させた方がいいでしょう。

 

之卦 51 震為雷(しんいらい)


大きな音がする「しんいらい」です。

騒ぎばかりで中身が無いこともあります。

 

 

寒かったけれど、空の青くて風があって気持ちのよい天気でした。

子どもと進学のための買い物に。

しみじみ子どもの成長を喜びました。

私は幸せです。


一方、

ここ数日、毎晩早く寝て力を蓄えています。

憂鬱になったら、コウカウンセリングのセッションをして、

早めに寝てしまいます。


幸せだけど、憂鬱になるんだなー。

ああ、拭い去りたい…。


あ、

お伝えそびれましたが、

昨日でこのブログも丸一年続けることができました。(^^♪


365日、毎日休みなく続けてこれたのは、

読者の皆さんのおかげです。m(__)m

ありがとうございます。


易は384爻ありますので、

365過ぎてもまだ新しい内容が発信できます。

あと20日足らずで384爻達成。

その後どうするかはまだ考えていません。

何らかの形で続けていきたいと思っていますが。

良いアイディアがあったら教えて下さいね。

 

昨日は、「風天小畜(ふうてんしょうちく)の4爻」(足止めをされ前に進めませんが、障害ではなく危険を避け、力を蓄えている状態です。目の前にあることを誠実にこなしているうちに、憂鬱なこともなくなり、危険もなります。裏表なく誠意を示してください。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

また明日♪