沢水困(たくすいこん)の4爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日は、「たくすいこん」。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

四大難卦(よんだいなんけ)です。

 

たくすいこんは、「困」の字です。

木が四角い枠(植木鉢?)に囲まれて

成長できなくて苦しんでいます。

 

沢の水が下に漏れてしまい、沢が枯れているかたち。

新井白蛾は、「鳥、枯木に鳴くの象」と言って 

四大難卦(よんだいなんけ)の中でも、

困難が極まり、困窮しています。

 

お金がない、交渉ごともうまくいかない、

人ともうまくいかない・・・

 

どん底なので、あとはよくなるしかない。

「底つきの卦」です。

  

卦辞

 

今は、人に相談してもわかってもらえないし、

軽はずみなことを言って問題をこじらせることもあるので

言葉少なにじっと耐える。…そんな卦です。

  

 

爻 辞 47 沢水困(たくすいこん)の4爻

 

「来たること徐徐(じょじょ)たり。

金車(きんしゃ)に困しむ。

吝なれども終わりあり。」


困難の中にいます。

助けに来てくれる人はいるけれど、

遅れています。

金車とは鉄の丈夫で立派な車のこと。

助けになる力のある人も

途中で妨害されて動けなくなっています。

恥ずかしいことだけれど(吝)

終わりには良いことがあります。


待ち人なかなか来たらず。

資金不足の困難にあります。

 

之卦 29 坎為水(かんいすい) 


困難続きの「かんいすい」です。

これ以上悪くならないので

時間がかかっても淡々と処理していきましょう。

 

 

強攻策!

今日はやる!と決めて、

パソコンや大量の書類持参でコメダに入り込みました。


申告書や子どもの進学関係の書類、

気になっていた重い書類やメールを一気にスタートしましたよー。

終わらなかったけど、かなり目処が立ちました。


私には、病気になるほど切実に、

ぎりぎりにならないと作業が始められない癖がありました。


いつも気になっているし、

かなり前から気持ちは追い詰められているのに、

ぎりぎりにならないと着手できない;;


若い頃はそれで徹夜とかよくやっていました。

恐怖を原動力に仕事をしていたのでしょうね。


火事場の馬鹿力(アドレナリンやノルアドレナリン)で

ガーッとやっていたわけですけれど、

これを繰り返していると…


…燃え尽きます…。


最近は、何も考えず淡々と

目の前にあることを終わらせていくやり方が

身についてきたので心身ともに楽になってきました。

まだ、名残はあり、苦しくなって来るので

時々昨日のような強攻策を取ることになります。

 

というわけで昨日は、

余裕のある期日の気の重い作業を思い切ってスタートできて

とても良かったです。


昨日は、「離為火(りいか)の6爻」(敵の首をとりに王が出陣!強硬手段をとってでもやり遂げる気概を持ってください。優先順位の高いものだけポイントを絞って大胆に解決し、小さなことは寛大に見守りましょう。迷いや私利私欲の行動は間違いの元。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪