水沢節(すいたくせつ)の3爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日は「すいたくせつ」です。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

節は「節度」「節制」の意。

竹の節のように期限や限度を設けて、

区切りをつけることです。

 

上が水で、下が沢で、

沢の水は多すぎればあふれてしまうし、

少なすぎては涸れてしまうから、

水量は程よくがよいと読みます。

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」で

良いものも度を超すとかえって失礼になったり

害を及ぼしたりします。

かといって、少なすぎてもよくありません。

ほどほどに、です。

 

また、自分の分を知って保つことも大事で

限度を超えて手を広げると収拾がつかなくなる恐れあり。

守りの時、勝負は負けです。

 

節度が守りにくい時にこの卦が出ます。

自分の分を知って、節のところで区切りよくいったん止め、

また動くときは動きましょう。

 

 

爻 辞 60 水沢節(すいたくせつ)の3爻

 

「節若(せつじゃく)たらざれば嗟若(さじゃく)す。

咎なし。」


誘惑に負けて節度がなくなり調子を崩しています。

自制心を失ったのは自分です。

自業自得で誰のせいにもできません。

反省すれば災いはありません。

客観的に自分を見つめましょう。


之卦 5 水天需(すいてんじゅ)

 

雨乞いをして雨を待っている「すいてんじゅ」です。

受身の姿勢でいてください。


 

子どもの習いごとの付き添い当番でしたが、

あんまり調子が良くなくて寒い中見守っているだけで

エネルギー切れ。


当番自体は、無事やり遂げましたが、

帰宅後はガタガタになってしまいました。

習い事の見守りは子どものやりたいことを応援する行為で

私の仕事だと思っていますが、私、体力ないのかな。

ちょっとめげてます。


夜はまた10時前に寝て、回復を期待。

とりあえず、頭はスッキリしましたが、

心がどんよりです。

身体もイマイチ;;


今日の之卦は水天需。

心に雨乞い…いいかも。

泣きながら待つ!;;

 

昨日は、「 地風升(ちふうしょう)の2爻」(進めてください。心がこもっていれば質素なまつりでも神様に伝わります。まだ力は弱いですが、方向性がしっかりしているので、重要な事を進めてもうまくいきます。やりやすいところから手をつけましょう。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪