火地晋(かちしん)の5爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日はかちしん。

出世の卦です。勢い在りますよ。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

上卦が火、下卦が地で、地面から太陽がぐんぐん昇っていき、

地上のものが太陽の恩恵を受けている形です。

 

新井白蛾は、「人、玉階(ぎょっかい)に登る意」と言って、

昇進、目上からの引き立てなど恩恵をうけるだろうと説明しています。

 

玉階(ぎょっかい)とは、立派な階段のことです。

運気上昇、登るしかないですね。^^

 

卦辞

 

まじめに仕事をしていた貴族が、参勤交代に出向いたところ

王様からほめられて一日に3回もお茶に招待されたと言う卦です。

 

64卦の中には、この「かちしん」と同じように

上昇していく意味の卦が3つあります。

上昇3卦としてまとめてあります!

 

 

爻 辞 35 火地晋(かちしん)の5爻

 

悔亡ぶ。

失得を恤(うれ)うるなかれ。

往けば吉にして利あらざるなし。」


後悔するようなことは起こりません。

損得を考えないで行動すれば利益を得ます。

わずかな損失を気に病み一喜一憂する必要はありません。

前進すれば運気は上昇するのみです。


失敗を恐れて後回しにしていたことなどに手をつけて、前へ進めましょう。

心配は出てくるでしょうが、気にしないことです。

多少損をしている感じがしても、最後には帳尻が合い、うまくいきますので

損得勘定なしで、前に進めてください。


終わりよければすべてよしです。 


之卦 12 天地否(てんちひ)

 

意見がかみ合わず否定的な「てんちひ」です。

ネガティブな考えが思い浮かんでも、批判されても、

気にせずチャレンジ。

 

 

気が重くて仕方なかった仕事に着手しました。


この気が重いというのは、

実は過去の経験と重ねあわせて感じているだけで、

よくよく味わってみると今現在の感情ではありませんでした。

 

これはよくある現象で、

条件反射みたいなものができてしまっているだけなのです。


昨日の易占いのアドバイスを心に、

無理はしないけど大事に大事に仕事を進めてみると

重かったものが晴れていく爽快感を感じるのでした。


まだまだ、過去の経験からくる条件反射は何度もくると思います。

その度に「いや~!やりたくなーい!」と味わいながら

ちょっとやってみることを積み重ねていくうちに

だんだん爽快感の記憶に塗り替えられていくのかな。

そんな気が。


大小様々なトラウマフラッシュバックで不自由を感じている人と

この話、分かち合いたいなー。

カウンセラーさんにもこれでよかったのか相談したいと思います^^


今日の易占いの話みたいですけれど、昨日のふりかえりでした。


昨日は、「天地否(てんちひ)の4爻」(今まで否定されたり意思疎通がうまく行かなかったことがピークを過ぎ、だんだん見通しがついてきました。よいことは自分だけではなくまわりにも波及します。小さな喜びも仲間と分かち合っていくと吉です。)でした。

  

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪