雷地予(らいちよ)の2爻

おはようございます。

管理人のかおるです。

 

今日はらいちよ。

地面の上に雷が鳴り響いています。

新井白蛾は、「雷、地を出て奮うの象」と言い、

楽しそうに動き鳴り響いています。

 

太鼓を打ち鳴らして歌って踊って

お祭りをしているみたいです。

 

「予」はあらかじめの意味。

前もって用意しておいたから喜びがあります。

準備したことが整って新しい希望が湧き、

よろこびがあります。

 

気分的に明るく、景気も良く、

よろこびに溺れやすい一面も。

易経は、調子に乗りすぎないようにと戒めています。

 

 

爻辞 16 雷地予(らいちよ)の2爻

 

「石に介するも日を終えず。

貞にして吉。」


石のように堅く自分の意志を貫くことを

「石に介する」と言います。

蒋介石の名前はこの爻辞から命名されました。


目先の楽しいことにかまけて

やるべきことを忘れていませんか?

気持ちを切り替えて本業に戻る時です。

 

怠けていても今日のうちに立て直して

自分のやることを貫けば吉。


隠忍自重(いんにんじちょう)、

つまり苦しくても表情に出さずに行動を慎むことです。

準備の時だと思って頑張ってください。


之卦 40 雷水解(らいすいかい)


解消、解決の「らいすいかい」です。

今までの努力が消えてしまわないように、

今やるべきことは行動して解決しておきましょう。

 

 

私の包み隠しているものは、そんな才能や美徳ではなく

病気でだらしのない姿なのかもしれません…

などと弱気になるほど、

調子を崩すとメンタル的にもピンチを迎えるかおるです。m(__)m


私のおいしいところってあるんだろうか?

とりあえず、昨日は調子が悪くなって

才能も美徳も見えなくなっていたので

易占いのアドバイスには従えたかなーとか。


たくさん寝たら、今朝は持ち直していたので

この日誌も楽しく書いています。


そろそろお正月モードもおしまいで

本業に戻る準備をするのが良さそうですね。

お互いぼちぼちやりましょう。

 

昨日は、「天風姤(てんぷうこう)の5爻」(おいしい瓜をやわらかい葉で包み大事にしています。あなたの才能や美徳をあらわにせず、美しく内側にたたえておきましょう。はっきり見せないでおくことです。突然のタイミングで天から恵みがもたらされます。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

また明日♪