天沢履(てんたくり)の2爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日はてんたくり。

卦辞に「虎の尾をふむ 人を喰らわず とおる」とあります。

虎のしっぽをふむような危険なことをしてしまうけれど、

ぎりぎりセーフで噛まれない。

 

天は偉い人、沢は若い女ですので、

若い女が偉い人に対して失礼なことをしでかしてしまったけれど

許してもらえたという話です。

 

あと、このてんたくりは、

下のイラストをご覧ください。

3爻のところだけ陰爻 になっています。

 

3爻は、卦の中では腰・股の位置。なので、

「女子裸身の卦」と呼ばれています。

色情の卦、とか。

 

男女関係の卦は他にもあるので覚書にまとめておきました。

参考にどうぞ。

 

 

爻 辞 10 天沢履(てんたくり)の2爻

 

「道を履む坦坦(たんたん)たり。

幽人貞にして吉なり。」


淡々として平坦な道を行くように

隠者のように世俗をこえた穏やかな心を持っていれば吉です。

急いではいけません。


隠者とは隠れ住み、あまり人に知られていない人です。

危ない道でもまわりが騒いでいても、

集中力を持ってひっそりと淡々と心をまっすぐに目的に向かっていけば大丈夫。

マイペースを守ってください。


今日は、心細く危険を感じることや

雑音が大きく感じることがあるのかもしれませんが、

淡々といきましょう。


之卦 25 天雷无妄(てんらいむぼう)

 

無為自然の「てんらいむぼう」です。

どうにでもなれと自暴自棄になるのではなく、

淡々と心穏やかに流れに身を任せたいものです。 

 


 

ちょっとしたことで久しぶりにめそめそと泣きました。

心が痛かった。


何もする気になれなくて日常生活が荒れそうになり、

数時間ふてくされて泣きながらゴロゴロしていましたが、

ふと目の前にあった洗濯物を

面倒だなーと思いながらも

「ちょっとだけ…」と手にとって畳んでいたら穏やかさが戻ってきました。


こんな私にヒヤヒヤします。;;

自暴自棄モードで足元危うい感じになるんで。


毎年、年末は苦手。

何かを思い出すのかな?

 

昨日は、「山地剥(さんちはく)の1爻」(安眠中にベッドの足を切断しようとしている人が現れました。問題を放置していると後で大変な目に遭いそうです。今日は小さなことでも放置せず端から対処していきましょう。日々の安心は足元からです。)でした。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪