風天小畜(ふうてんしょうちく)の1爻

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日は「ふうてんしょうちく」です。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

畜はとどめる・養う・蓄えるの意味で、

ふうてんしょうちくは、小さくとどめる。

今は少しとどまって力をたくわえる時です。

 

厚い雨雲が立ちこめているが、

待望の雨はまだ降ってきません。

まだ時ではないし、力も少し不足しているようです。

 

車の渋滞に遭ってしまった時のように

歯がゆさや、焦りを感じるかも。

 

やがて機会は必ずやってきます。

今日がその日ではなく、

力を蓄えておく日なだけです。

 

5陽1陰でひとりの女性が5人の男性を

そっと抑えているイメージでもあります。

 

 

爻 辞 9 風天小畜(ふうてんしょうちく)の1爻

 

雨雲はありますが、なかなか降ってこない。

今日はその日ではないみたいです。

西の方から徐々に降り始めますので待ちましょう。

先に進めたい気持ちは強いが、まだ時期ではありません。

やるべきことをやりながら、待っていましょう。

 

之卦  57 そんいふう

 

優柔不断な「そんいふう」です。

今日は待つと決めて、迷わず淡々と目の前の仕事をしていましょう。

 

 

夜の新宿に家族でお芝居を観に行くというチャレンジをしてきました。

夜の新宿は、

人がすごくてお酒とたばこのにおいと光と音とイライラした車の渋滞ですごかった。

苦手なところはあるけれど、夜遊びはワクワクします。

子どもたちとはぐれないように手をつないで新宿三丁目を抜けて

ちょっと落ち着いた一角にあるアングラ風?芝居小屋に。

 

劇団黒テントの「山崎方代の歌物語」を観てきました。

歌人山崎方代のことは、今回初めて知りました。

戦争で右目を失明し、左目も視力が落ちているハンディを抱えながらの人生は

波乱万丈ですが、性格が虚無的なので何をやっても憎めないし、

誰かに迷惑をかけることは悪いことなんだろうかって擁護したくなる。

彼が、何かをやろうとも、やさしくて遠慮がちな感じがするし、ネ。

そんな、山崎方代に触れてきました。

 

短歌のことは、よくわからないけれど、

やわらかいやさしい感性でつなぐ言葉に共感しました。

本を買ってみようかな。

無用の達人 山崎方代 (角川ソフィア文庫)

無用の達人ってタイトル、いいね!

役に立たないことに対する抑圧に言葉を失いがちですが、

「役に立たなくて何が悪い!」と本当は言いたい。

昨日のお芝居を思い出すとじわっと泣きたくなるような気分です。

 

ご縁に乗って、サクッと日常を離れてお芝居に行けて

昨日は本当に良かったです。

 

昨日は、「てんざんとんの5爻」(きれいにさくっと撤退。なれ合っている環境を一新する時)でした。 

 

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪