雷地予(らいちよ)の4爻

おはようございます。

管理人のかおるです。

 

今日はらいちよ。

地面の上に雷が鳴り響いています。

新井白蛾は、「雷、地を出て奮うの象」と言い、

楽しそうに動き鳴り響いています。

 

太鼓を打ち鳴らして歌って踊って

お祭りをしているみたいです。

 

「予」はあらかじめの意味。

前もって用意しておいたから喜びがあります。

準備したことが整って新しい希望が湧き、

よろこびがあります。

 

気分的に明るく、景気も良く、

よろこびに溺れやすい一面も。

易経は、調子に乗りすぎないようにと戒めています。

 

 

爻辞 16 雷地予(らいちよ)の4爻

 

今まで準備してきたことが形を成します。

人が集まってきて和気あいあいと楽しく過ごせます。

仲間と協力して大きなことも難なくできてしまい、

大いに得ることがあるでしょう。

強運で希望が叶います。


之卦 2 こんいち


おかあさんの様な「こんいち」です。

今日は細やかな配慮で支えてくれる人がいるはずです。

 

 

昨日は、易のアドバイスをすっかり忘れて

朝からダッシュして、確かに息切れでした。


あれもこれも段どって、パズルのように組合せ、

同時進行で進めて一気に終わらせようと考えて、

慌てて蒸しじゃが芋の皮を剥ぐとき指先にやけど!


急ぎ過ぎのためでしょう。


まあ、指先やけど以外は上手くいったのですけれどね。

疲れた。

作業中、呼吸が浅かった。 

 

昨日は、「らいふうこうの1爻」(やる気はすごいが、ダッシュしすぎ。長く続けるつもりでゆったりやりましょう)でした。


今日はこの辺で。

ありがとうございました。

また明日♪