震為雷 ( しんいらい )の4爻

しんいらいのイラスト

おはようございます。易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日は「しんいらい」です。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

「雷、百里を驚かす占い」「声有りて形なきの象」と

平沢随貞は言っておりまして、

 

(・・・・って、この人何者?と

調べてみたら江戸時代の易者さんだそうです。)

 

とにかく勢いはよいのですが、

ハッタリ系で中身はからっぽだったり、

深い意味はなかったりします。

 

今日は、大騒ぎがあっても、実害はないので安心してくださいね。

 

 

雷が二つ並んでいる卦なので、

びっくりすることが2回あるかも知れません。

 

書いたように、大騒ぎでも実害はないので

平常心で行動するのがよいでしょう。

 

雷のときに落ち着いて行動できる精神を持った人に

なりたいですね。

 

また、アドバイスがほしいときに、この卦を得たら、

から元気でもよいので勢いよくふるまうことで開運しますよ、

と読みます。

 

ポイント:びっくり事件のときは、平常心です。

 

 

爻辞 51 震為雷 ( しんいらい )の4爻

 

雷が音もなく泥沼に落ち、放電し、消えてしまいました。

今日始めることは、意思も弱く、煮え切らず、

泥沼にはまるようにずるずると停滞してしまいそう。

悪い習慣や誘いにぐずぐずつきあわないように気をつけて。

静かにいつも通りにしていた方が安全です。

 

之卦 24 ちらいふく

 

戻って来る「ちらいふく」です。

せっかく積み上げてきたことがゼロに戻ってしまわないように

気をつけて。

 

 

昨日書いたコウカウンセリングですが、

泣くだけじゃなく、

笑う、怒る、あくびをする、ふるえるなどの感情表出を

ルールのある安全な場で行うカウンセリングです。

泣くだけじゃないなーと思って、補足です。

 

昨日もカウンセリング時間をとって、

何を思い出したわけでもないのですが、ぶるぶる震えたりしていました。

充分聞いてもらってから、行動に出ることができました。

変革と言っていいと思います。

いくつか抱えていることのひとつが動き出しました。

 

昨日は「たくかかくの3爻」(いよいよ改革の時だが、急いては事を仕損じます)でした。

 

今日は、この辺で!

ありがとうございます。

また、あした♪