火地晋(かちしん)の1爻

かちしんのイラスト

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

今日はかちしん。

出世の卦です。勢い在りますよ。

以前出たことがあるので、前半はコピペです。

 

上卦が火、下卦が地で、地面から太陽がぐんぐん昇っていき、

地上のものが太陽の恩恵を受けている形です。

 

新井白蛾は、「人、玉階(ぎょっかい)に登る意」と言って、

昇進、目上からの引き立てなど恩恵をうけるだろうと説明しています。

 

玉階(ぎょっかい)とは、立派な階段のことです。

運気上昇、登るしかないですね。^^

 

卦辞

 

まじめに仕事をしていた貴族が、参勤交代に出向いたところ

王様からほめられて一日に3回もお茶に招待されたと言う卦です。

 

64卦の中には、この「かちしん」と同じように

上昇していく意味の卦が3つあります。

上昇3卦としてまとめてあります!

 

 

爻 辞 35 火地晋(かちしん)の1爻

 

まだ声がかかっていません。

焦って動き出すと邪魔が入り挫折。

冷静に余裕をもっておこなうならうまくいきます。

人に認められなくとも心豊かに暮らすこと。

まだ声がかかっていないということは、

裏を返せば悠々自適ができるということです。 

 

之卦 21 からいぜいごう

 

喉に骨!の「からいぜいごう」です。

周囲の反対は案外めんどくさいかも知れません。

口論には負けるが勝ちです。

 

 

Webサポートの仕事で、知性を絞り出し、よくやった!

その帰り道にファミレスでひとりミーティング 。かばんにはいつもの移動書斎セットが入っているのでいつでもどこでも仕事ができます。最近頭の中でぐるぐるしていることを書き出してていねいに対策を考え、スケジュールに落とし込んでいきました。

帰宅後、TODOリストを端からこなしていったら、7割くらい気が軽くなったのですごい。

 

柔よく剛を制すのさんてんたいちくの5爻でした。

 

 

今日はこの辺で。

ありがとうございます。

また明日♪