風沢中孚(ふうたくちゅうふ)の1爻

ふうたくちゅふの卦のイラスト

おはようございます。

易うらくらぶ管理人のかおるです。

 

 

今日は「ふうたくちゅうふ」。

久々に初登場の卦です。

 

中孚(ちゅうふ)の孚の字は、

親鳥が爪の下に子ども(卵)を抱えている形で、

中孚は真心という意味です。

 

易は、卦の形をいろいろなものに見立てるのですが、

イラストでは大きな卵に見立ててる様子を図にしました。

 

他にもヒナが親鳥に餌をもらっている形、

又は、上と下が人間で口を合せて

キスをしている形にも見えると言います。

 

八卦で言うと、上が風で下が沢なので、

水の上を風が吹いてざわざわさせている

「感じる」を意味する卦です。

 

新井白蛾は「鶴鳴き、子和するの意」と言って

親鶴が鳴くと、それに応えて子鶴も返事するようなもので

真心があってお互いに通じ合えるものだと言っています。

 

この卦が出たら、

信頼感、真実、真心を感じることがあるでしょう。

恋愛だったら、相思相愛の時です。

 

 

爻 辞 61 風沢中孚(ふうたくちゅうふ)の1爻

 

1爻は初めなので、信じる相手が誰でもいいわけではありません。

簡単に心を開いてはいけません。

信頼してよい相手かよく見て慎重に。

そして、一度決めたら一筋にいきましょう。

かけもちすると心穏やかに喜べません。

今日は人間関係以外でも気を散らさずに

決めたことに集中して専念すると吉です。

 

之卦 59 ふうすいかん

 

飛び散る「ふうすいかん」です。

気が散りやすいので、気をつけて。

今日は集中力が大事な日なので

本業・本命以外に手を出さないようにしましょう。

かけもちはNGです。

 

 

昨日は地元の緑を守るお祭りに参加してきました。

 

売る方を手伝ったのでバタバタ忙しかったです。

暑かったし、埃すごかったし、

人が多くて苦手な感じがあったのですが、

いつも通り、マイペースに過ごさせてもらってとても良かった。

体調もよく、帰宅後家事もいつも通りにできて◎

 

すいふうせいの4爻、

自分メンテナンスをわすれないでよかった^^

 

体調次第で出入りしている気まぐれな私でも

気持ちよくスタッフ参加させてくれる仲間たちに感謝です。 

 

今日はこの辺で。

また明日♪